安倍総理をシリコンバレーに招いた男

「シリコンバレー・ジャパン・プラットフォーム プロジェクト」を推進する米日カウンシル評議委員会のダニエル・沖本会長に独占インタビューを行った。

注目を集めた4月の安倍晋三総理のシリコンバレー訪問の背後にひとりの日系二世の男がいたのはあまり知られていない。

米スタンフォード大学名誉教授のダニエル・沖本(73)。1975年からシリコンバレーに在住する政治学者で、米日カウンシル評議委員会会長を務める人物だ。沖本はこれまでの日米関係への貢献が認められ、2004年に外務大臣表彰、07年に旭日中綬章、09年にシリコンバレー経済ソサエティによるライフタイム表彰、そして13年にはオバマ大統領からNational Endowment of the Humanitiesにも指名されている。

続きはForbes Japanのウェブサイトでご覧下さい。

Add your reaction Share

米日カウンシルの役割:日米関係強化に向けた多様性とリーダーシップ

下記の記事は当カウンシル取締役副会長のスザンヌ・バサラがnippon.comに寄稿したものです。

人と人とのつながり:東日本大震災の教訓

今回、米日カウンシルでの私の職務について執筆依頼を受けたとき、自分がなぜ人と人とのつながりを大切にしているのか、改めて考えさせられた。日米同盟の管理に関わる仕事を始めた当初、私は、人と人との結びつきが、安全保障や通商政策、グローバルな関与の基盤になっていることを十分理解していなかった。だが、東日本大震災がこれを変えた。

当時、私はジョン・ルース駐日米国大使の上級顧問を務めていた。大使は就任当初から、メディアで取り上げられていた両国の政策論争を心配していないと明言していた。両国の指導者が共通の利益のために協力すると信じていたからだ。むしろ大使が懸念していたのは、人と人とのつながりが弱まっていること、特に学生間の消極的な傾向だった。

記事の続きはこちらです。

Add your reaction Share

戦後70年日系アメリカ人の肖像(アイリーン・ヒラノ・イノウエへのインタビュー)

Lighthouse ロサンゼルスによるアイリーン・ヒラノ・イノウエへのインタビューです。JACL事務局長であり、当カウンシルのメンバーでもあるプリシラ・オウチダ氏へのインタビューも掲載されています。

記事をご覧になるにはこちらをクリックして下さい。(アイリーンのインタビューは23ページ、オウチダ氏へのインタビューは22ページに掲載されています。)

 

 

Add your reaction Share

日米に橋をかける日本の新たな取り組み=「未来へのカケハシ・イニシアティブ」とは何か=

下記の記事は当カウンシル取締役副会長のスザンヌ・バサラがnippon.comに寄稿したものです。

安倍首相が強調した日米の人的つながり

2015年4月28日、バラク・オバマ米大統領とミシェル夫人は、ホワイトハウスの「サウスローン」に詰めかけた支持者の前で、安倍晋三首相と昭恵夫人を温かく出迎え、首相夫妻の訪米について「両国民をつなぐ友情と家族の絆を祝う」と歓迎した。両首脳は数時間後、日米共同ビジョン声明を発表した。この中で、両首脳は日米両国が繁栄および安全、グローバルな課題への取り組みに貢献していくためのビジョンを述べた上で、「日米両国の前進の重要な柱として、特に若い世代の間の人的交流を積極的に推進する」ことをうたった。メディア報道や論評の多くは、通商、国防、歴史的和解に関する重要な発表に集中していたが、安倍首相が重要な柱として“人的つながり”を強調したことを見逃してはならない。

記事の続きはこちらです。

Add your reaction Share

(戦後70年)日系人、収容の歴史経て向き合う

日系アメリカ人とその経験に関する下記の朝日新聞の記事で、スティーブン香川がインタビューされました。

ひびが走るコンクリ壁に、かすかな鉛筆の文字が浮かぶ。「打倒米國」「大日本帝國」。そして英語で。「SHOW ME THE WAY TO GO TO HOME(家へ帰る道を教えてくれ)」

昨年7月、カリフォルニア北部のツーリレーク近郊に約400人が集まった。第2次世界大戦中、ここにあった強制収容施設を訪ねる「巡礼」の参加者たち。当時の建物で残るのは、刑務所くらいだ。その壁の落書きの筆者は分からない。

続きは朝日新聞のウェブサイトでご覧下さい。

Share

(戦後70年)日系人、米国で咲かせた「多様性」

Some of our members were featured in a recent Asahi Shimbun article about Japanese Americans and their experience. Check out this piece, with an interview and video that features Governor George Ariyoshi, member of the USJC Board of Councilors (in Japanese).
(Gov. Ariyoshi also received the USJC Lifetime Achievement Award at our 2014 Annual Conference. See the video here.)

 

 

Share

米国の多様性理解し信頼構築を

下記の記事は慶応大学教授・阿川尚之(米日カウンシル評議員)による産経新聞への寄稿文です。(全文はこちら

 中間選挙で政権与党の民主党は惨敗したものの、日米関係は概ねよい方向へ動いている。アベノミクスはアメリカで日本への関心を高め、安倍政権の一連の安全保障政策は党派を超えて評価されている。トモダチ・プログラムなど、若者の日米交流も増えた。

 もちろん課題は多い。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉は難航し、日米両政権とも内外の問題に忙殺され、すれ違いもある。それでも、あるいはだからこそ、両国は同盟国として緊密な対話と協力を続け、共通の利益と価値を増進させねばならない。そして両国間の信頼関係維持には、何より人と人との繋(つな)がりが大切だ。

 ≪日系人らしくない日系人≫

 今後、日米関係を担うのは、どんな人たちだろうか。最近、故イノウエ議員らが創設した日系人主体の民間団体「米日カウンシル」の年次総会にホノルルで出席し、いろいろ感じることがあった。

続きを読む(産経新聞ウェブサイト)>>

Share

日米関係を話し合う「公開会議」、ハワイで開催されました

記事はこちらのリンク(Lighthouseウェブサイト)にてご覧下さい(11月1日号、28ページ~30ページ)。

Share

「中国は安定化に貢献を」 次期米太平洋軍司令官

日米交流促進団体「米日カウンシル」の年次総会が10日、米ハワイ州ホノルルで開かれ、太平洋軍次期司令官に指名されたハリー・ハリス海軍大将が基調講演し、中国に対し、「(アジア太平洋地域の)不安定化要因になるのでなく、安定化に貢献してほしい」と訴えた。

続きはこちら(産経新聞ウェブサイト)>>

Share

「中国は安定化に貢献を」 次期米太平洋軍司令官

日米交流促進団体「米日カウンシル」の年次総会が10日、米ハワイ州ホノルルで開かれ、太平洋軍次期司令官に指名されたハリー・ハリス海軍大将が基調講演し、中国に対し、「(アジア太平洋地域の)不安定化要因になるのでなく、安定化に貢献してほしい」と訴えた。

続きを読む(産経ニュースウェブサイト)>>

Share

← Previous  1  2  3  Next →

ニュースレターへ登録 | 米日カウンシルへの支援 | アクセス・お問い合わせ