世界のアパレル業界で、驚異的な成長を続けるファーストリテイリング。

日米の財政界によるネットワーキング組織、U.S.-JAPAN Council(米日カウンシル)のアニュアルカンファレンスが11月に開催された。その中で、「シリコンバレーと日本」をテーマに元アップルでスティーブ・ジョブズを支えた比嘉・ジェームス氏(ベンチャー投資家)、前駐日米国大使のジョン・ルース氏、シリコンバレー発スタートアップのウェイアップ共同創設者兼CEOのリズ・ウェッセル氏、ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長の柳井正氏がディスカッションをした。本稿では、柳井氏の発言を中心に、ビジネスがグローバル化する時代の日本人、日本経営者に求められる姿勢についてまとめた。

-月刊事業構想

この資料では 2015年アニュアル・カンファレンス についてです.

Add your reaction Share

日本と日系人の「懸け橋」 シリコンバレーに交流の輪

日本企業の進出が相次ぐ米シリコンバレーで、日系人と日本人の交流を深めようという新たな試みが始まった。その名も「Bridge for Japanese Americans and Japanese(略称ブリッジ)」。日本人の多くが知らない日系人の過去を学び、現在に目を向け、未来志向の関係構築を目指す草の根の活動だ。

上記は日経新聞に掲載された記事です。続きは同紙ウェブサイトでご覧下さい。

Add your reaction Share

スター起業家育成

「若者が憧れるスターが必要だ」。このほど来日したジョン・ルース前駐日米大使は、日本で革新的な企業が生まれるための条件として、(Apple)アップルの故ジョブズ氏、(Facebook) フェイスブックのザッカーバーグ氏に向けられるような「起業家への賛美」をげた。もともと企業法務の弁護士。大使退任後はシリコンバレーにり、クラウド大手のセールスフォース・ドットコム取締役などを務める。

-日電子版

この資料では 2015年アニュアル・カンファレンス についてです.

Add your reaction Share

フィンテック「脅威と好機」

米大手銀行JPモルガン・チェースのフィリス・キャンベル太平洋西北地区長は「フィンテック」の広がりを「脅威とチャンスが相半ばしている」と評した。また、同社のITを活用したビジネスモデル研究も紹介し、日本から学ぶことも多いと強調した。

-日本経済新聞

この資料では 2015年アニュアル・カンファレンス についてです.

Add your reaction Share

「可能性ある中小後押し」-川勝知事、都内で討論

10日、川勝平太知事ら日米4知事が地域経済の活性化策を話し合うパネル討論が開催され、川勝知事は、成長業への転換や海外進出を後押しする考えを示した。その他、長野県の阿部知事、広島県の野崎知事、ハワイ州のイゲ知事が出席し、地域復興に向けて取り組んでいる施策をアピールした。

-静岡新聞

この資料では 2015年アニュアル・カンファレンス についてです.

Add your reaction Share

戦後処理へ「公式謝罪」-ミネタ元米長官

 11月10日、日系初の米閣僚として日米関係強化にも尽力してきたノーマン・ミネタ元米運輸長官は、中国や韓国との理問題で、日本政府は公式に謝罪し、未来志向の関係構築を目指すべきだとの見解を表明した。

 -Yahoo!Japan

Add your reaction Share

日系アメリカ人団体 日本で年次総会

後70年の節目となる今年に日系アメリカ人で作る体 (U.S. Japan Council)米日カンシル年次総会を9日から初めて日本で開催し体の理事長デニステラニシ氏およびアメリカのフォックス運輸長官共に日米の協力関係の強化について述べた

-NHK News Web 

この資料では 2015年アニュアル・カンファレンス についてです.

Add your reaction Share

安倍晋三首相「TPPは新通商ルール」のアジア経済連携強化を表明

11月9日、日米関係の強化を目指す (U.S. Japan Council)「米日カウンシル」の年次カンファレンスで登壇した安倍首相は「TPPは、新通商ルールの礎となり、アジア太平洋地域に大きく寄与する」とし、その中核をなす日米間の交流を多層的に進めていく重要性を語った.

続きはビジネスITでご覧下さい。この資料では 2015年アニュアル・カンファレンス についてです.

 

Add your reaction Share

米日カウンシル年次総会

首相官邸のHPにて、首相が祝辞で述べたあいさつ全文を載した.

安倍総理大臣は日系アメリカ人を中心とする体 (U.S. Japan Council)米日カンシルの総会であいさつし安全保障関連法の成立で日本の国際貢献の可能性が広がったとして日米同盟を礎に国際社会の平和と繁栄により一層貢献していく考えを示した

続きは首相官邸でご覧下さい。この資料では 2015年アニュアル・カンファレンス についてです.

1 reaction Share

安倍総理をシリコンバレーに招いた男

「シリコンバレー・ジャパン・プラットフォーム プロジェクト」を推進する米日カウンシル評議委員会のダニエル・沖本会長に独占インタビューを行った。

注目を集めた4月の安倍晋三総理のシリコンバレー訪問の背後にひとりの日系二世の男がいたのはあまり知られていない。

米スタンフォード大学名誉教授のダニエル・沖本(73)。1975年からシリコンバレーに在住する政治学者で、米日カウンシル評議委員会会長を務める人物だ。沖本はこれまでの日米関係への貢献が認められ、2004年に外務大臣表彰、07年に旭日中綬章、09年にシリコンバレー経済ソサエティによるライフタイム表彰、そして13年にはオバマ大統領からNational Endowment of the Humanitiesにも指名されている。

続きはForbes Japanのウェブサイトでご覧下さい。

Add your reaction Share

1  2  3  Next →

ニュースレターへ登録 | 米日カウンシルへの支援 | アクセス・お問い合わせ