米日カウンシル、ホノルルにて2014年アニュアル・カンファレンスを開催

今般、毎年恒例の米日カウンシル・アニュアル・カンファレンスがハワイ州ホノルル市にて開催されます。『日米関係の成長、持続性ならびに安全保障を促進する相互の繋がり』と題した2014年のカンファレンスには、政府、ビジネス、教育、非営利等の分野から、地域や国を代表するリーダーや国際的なリーダーが集い、国際協力を通じたイノベーションと起業家精神について話し合います。本会議は、アジア太平洋におけるハワイの歴史的、文化的及び戦略的な重要性、並びに日米同盟と異文化間のパートナーシップにも着目します。本会議の講演者は以下の方々を含みます(*基調講演者):

  • *飯島 彰己氏 (三井物産株式会社 代表取締役社長)
  • *ハリー・B・ハリス・ジュニア海軍大将 (米太平洋艦隊 司令官) 
  • *マリリン・A・ヒューソン氏 (ロッキード・マーティンコーポレーション 会長、社長 兼最高経営責任者) 
  • 石黒 憲彦氏 (経済産業省 経済産業審議官) 
  • ジョージ・タケイ氏 (俳優) 
  • キャシー・松井氏 (ゴールドマン・サックス証券株式会社 チーフ日本株ストラテジスト、グローバル・マクロ調査部アジア部門統括)
  • ロイ・ヤマグチ氏 (ロイズ・レストラン シェフ兼創設者)

日米関係の様々な側面は、12もの分科会のトピックに反映されます。以下はその一部です:
「安全保障をめぐる日米関係への洞察 」、「観光とイベントを通じた経済開発」、「海外でのビジネス成長の機会を活かす方法」、「国際市場における多様性と包括性」、「TOMODACHI 世代の開発」、「効果的な災害管理(DR3)のための協力」、「日米韓の文化・教育交流」等。

クロージング・レセプションも本会議のハイライトの一つとなります。そこでは、ハワイと日本からのトップのシェフ12名が協力する「料理フェスティバル」が開催されます。このイベントは、飲食を共にすることによって文化を超えた対話と理解を促進することを目的とした、米日カウンシルの新しい「食を通じた外交」イニシアチブの一環です。

米日カウンシルがハワイでアニュアル・カンファレンスを開催するのは今回が初めてとなります。米日カウンシルは、同カウンシルの創始者の一人である故ダニエル・イノウエ上院議員はじめ多くの日系アメリカ人リーダーを通じ、ハワイと強い絆で結ばれています。マウイ島への研修ツアーから、元大相撲力士のKONISHIKIによるウクレレ演奏を含むオープニング・レセプションに至るまで、本会議は日米関係のみならずハワイというユニークな舞台にも焦点を当てます。詳細はこちらのアジェンダをご覧ください:
http://www.usjapancouncil.org/us-japan-council-annual-conference

取材要領
日時: 10月10日(金)午前8:00~午後8:30
場所: ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート (2005 Kalia Rd, Honolulu, Hawaii 96815, U.S.A.)
米日カウンシルについて: www.usjapancouncil.org
取材登録: こちらのフォーム(英文のみ)にてご登録ください: bit.ly/USJCAC2014Media

ニュースレターへ登録 | 米日カウンシルへの支援 | アクセス・お問い合わせ