日米に橋をかける日本の新たな取り組み=「未来へのカケハシ・イニシアティブ」とは何か=

下記の記事は当カウンシル取締役副会長のスザンヌ・バサラがnippon.comに寄稿したものです。

安倍首相が強調した日米の人的つながり

2015年4月28日、バラク・オバマ米大統領とミシェル夫人は、ホワイトハウスの「サウスローン」に詰めかけた支持者の前で、安倍晋三首相と昭恵夫人を温かく出迎え、首相夫妻の訪米について「両国民をつなぐ友情と家族の絆を祝う」と歓迎した。両首脳は数時間後、日米共同ビジョン声明を発表した。この中で、両首脳は日米両国が繁栄および安全、グローバルな課題への取り組みに貢献していくためのビジョンを述べた上で、「日米両国の前進の重要な柱として、特に若い世代の間の人的交流を積極的に推進する」ことをうたった。メディア報道や論評の多くは、通商、国防、歴史的和解に関する重要な発表に集中していたが、安倍首相が重要な柱として“人的つながり”を強調したことを見逃してはならない。

記事の続きはこちらです。

ニュースレターへ登録 | 米日カウンシルへの支援 | アクセス・お問い合わせ