安倍総理をシリコンバレーに招いた男

「シリコンバレー・ジャパン・プラットフォーム プロジェクト」を推進する米日カウンシル評議委員会のダニエル・沖本会長に独占インタビューを行った。

注目を集めた4月の安倍晋三総理のシリコンバレー訪問の背後にひとりの日系二世の男がいたのはあまり知られていない。

米スタンフォード大学名誉教授のダニエル・沖本(73)。1975年からシリコンバレーに在住する政治学者で、米日カウンシル評議委員会会長を務める人物だ。沖本はこれまでの日米関係への貢献が認められ、2004年に外務大臣表彰、07年に旭日中綬章、09年にシリコンバレー経済ソサエティによるライフタイム表彰、そして13年にはオバマ大統領からNational Endowment of the Humanitiesにも指名されている。

続きはForbes Japanのウェブサイトでご覧下さい。

 

Add your reaction Share

日本IBM、本格復活へ提案力勝負 社長に与那嶺氏

日本IBMは5日、ポール与那嶺副社長(57)が同日付で社長に昇格したと発表した。マーティン・イェッター前社長(55)が米IBMの最大部門トップに就いたため、約2年8カ月と短期間での交代となった。12年ぶりの増収に導いた「イェッター改革」を踏襲するが、米アマゾン・ドット・コムなどとの競争は激しさが増す。本格復活に向けて、与那嶺新社長はコンサルティング会社で培った提案力を武器に顧客との距離を縮める狙いだ。

続きは日経新聞のウェブサイトでご覧下さい。

Share

ニュースレターへ登録 | 米日カウンシルへの支援 | アクセス・お問い合わせ