「医療適用の日は近い」iPS細胞の山中教授が講演

去年、ノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大学の山中伸弥教授がワシントンで講演し、「iPS細胞を実際の医療に適用できる日は近い」と語りました。

Link

Do you like this post?

ニュースレターへ登録 | 米日カウンシルへの支援 | アクセス・お問い合わせ