TPP年内妥結へ指導力を 米副長官、安倍政権に

【共同】バーンズ米国務副長官は4日、環太平洋連携協定(TPP)交渉の年内妥結を目指すオバマ政権の姿勢に変わりはないと強調、安倍政権が米国と共に指導力を発揮するよう期待を表明した。日米関係強化を目指す非営利団体「米日カウンシル」の会合で述べた。

 続きを読む(ウェブサイト)>>

Do you like this post?

ニュースレターへ登録 | 米日カウンシルへの支援 | アクセス・お問い合わせ