概要 | スケジュール | セッション詳細 | テイスト・オブ・東京 | スポンサー | プレス

 

 

セッション・プログラム詳細

 

ビジネスのイノベーションと統合によるグローバル・リーダーシップ
21世紀の今日、世界は各国のつながりが強化され、より多くの国境が開かれています。また、企業は、競争力が高まりグローバル化する中で多くの機会を与えられ、様々な課題に直面しています。このセッションでは一連の企業の責任者が、イノベーションがいかにグローバルなビジネス展開を実現してきたかについて語ります。また、グローバル・ビジネスの強化のため、いかに日米のビジネス文化、市場、およびプラクティスの統合を活かすかについても話します。

パネリスト:

  • モデレーター:キャシー 松井氏 ゴールドマン・サックス証券株式会社 副会長
  • 新浪 剛史氏 サントリーホールディングス株式会社 代表取締役社長
  • ポール 与那嶺氏 日本アイ・ビー・エム株式会社 代表取締役社長執行役員

 

日系アメリカ人の経験:拘留者からリーダーになるまでの70年間
第二次世界大戦後の70年間における日系アメリカ人の歴史のストーリーを伝えます。まず日米関係の先駆者となった日系アメリカ人の紹介から始まり、ノーマン・ミネタ氏が、自らが収容所生活と補償を求めた闘いを通じて得た貴重な体験を共有します。最後に、日米関係の強化に取り組む多様な日系アメリカ人を代表する現代のリーダーが、踏み込んだ対話を行います。

パネリスト:

  • モデレーター:ジャン・ヤネヒロ氏 ジャン・ヤネヒロ社 社長
  • 特別講演:ノーマン・Y・ミネタ氏 ミネタ・アソシエーツ社長兼CEO、元米国運輸長官、元米国商務長官
  • ドナ・フジモト・コール氏 コール・ケミカル・ディストリビューティング社 取締役社長兼CEO
  • アーネスト 比嘉氏 株式会社ヒガ・インダストリーズ 代表取締役会長
  • マシ・オカ氏 ハリウッド俳優、プロデューサー、起業家

 

在米日系人リーダー訪日プログラム(JALD)を祝して
外務省の主催により15周年を迎えた在米日系人リーダー訪日プログラムの功績を称えます。これまで、176名の日系アメリカ人リーダーが訪日し、日本を知り再認識することで人生が変わるような経験をしてきました。本プログラムの支援者がJALDをめぐる経験を語り、過去の参加者も本プログラムが日米関係に与えた影響について語ります。

パネリスト:

  • モデレーター:道傳 愛子氏 国際情勢担当 解説委員・NHKワールド チーフ・プロデューサー
  • テリー・ハラ氏 元ロサンゼルス市警 副本部長
  • エミリー・ムラセ氏 サンフランシスコ市女性の地位局 局長
  • ウィリアム・ツツイ氏 ヘンドリックス大学 学長

 

地域経済の強化:知事同士の対話
米日カウンシルの「ガバナーズ・サークル」イニシアチブでは、日米の知事が州・県レベルでの二国間の経済協力促進について話し合います。本イニシアチブに参加する日本の知事の方々と来日したアメリカの知事が、州・県政府が直面している経済問題やビジネスの機会について語り、官民の協力に基づいた地域経済統合の機会を検討し、今後の革新的なパートナーシップ促進を目指します。

パネリスト:

  • モデレーター: ダニエル・オキモト氏 スタンフォード大学 名誉教授
  • 阿部 守一氏 長野県知事
  • デービッド・Y・イゲ氏 ハワイ州知事
  • 川勝 平太氏 静岡県知事
  • 湯﨑 英彦氏 広島県知事

 

米国経済:米国における投資環境の傾向
日本企業は投資先として再びアメリカに目を向けています。このセッションではビジネス・リーダーと経済アナリストがその事情を説明、傾向を予測し、進化と大胆な変化を続けるアメリカへの投資機会を分析します。この討議は、日米の投資家が協力し、海外投資に適した経済大国、アメリカから利益を得るための新たな道を示します。

パネリスト:

  • モデレーター: フレデリック・H・カタヤマ氏 トムソン・ロイター アンカー兼プロデューサ
  • 藤井 ダニエル氏 トラスト・キャピタル株式会社 代表取締役社長兼CEO
  • R. デイビット・ケリー氏 クリサス・アンド・カンパニー(USA) 会長兼CEO
  • シュリニバス・ラマスワミ氏 マッキンゼー・グローバル・インスティテュート シニア・フェロー
  • 田中 正明氏 三菱東京UFJ銀行 上級顧問

 

日米関係における政治的リーダーシップの成功モデル
現職の日米の政治家が一堂に会し、日米関係における政治的リーダーシップの今後について探ります。著名な政治家が自らの経験を語り、日米関係における政治家のより広範な役割の可能性について提言をし、日米関係の柱である政治的リーダーシップをいかに強化できるか模索します。政治家に関する内容に専念しつつ、積極的に関与する日米市民の役割についても言及します。

パネリスト:

  • モデレーター:コルバート・マツモト氏 アイランド・インシュアランス社 代表取締役会長
  • マイケル・B・ハンコック氏 コロラド州デンバー市長
  • 中山 泰秀氏 前外務副大臣、衆議院議員
  • 塩村 文夏 東京都議会議員
  • グレン・ワカイ氏 米国連邦下院議員(ハワイ州)

 

シリコンバレーと日本:「架け橋」の構築
シリコンバレーと日本の著名な起業家が、シリコンバレーの成功の理由、日本とシリコンバレー間の協力強化に必要な要素について語ります。また、日米の多様でダイナミックなイノベーション企業、資金提供者、起業家の協力から生まれる大きな可能性を活用する方法について語り、2015年4月の安倍首相の米国訪問の際に開始した米日カウンシルのシリコンバレー日本プロジェクトへの洞察を提供します。

パネリスト:

  • モデレーター:比嘉 ジェームス氏 フィランスロピック・ベンチャーズ・ファウンデーション 事務局長、インデックス・ベンチャーズ メンター・イン・レジデンス
  • ジョン・V・ルース氏 前駐日米国大使
  • リズ・ウェッセル氏 ウェイアップ 共同創設者兼CEO
  • 柳井 正氏 株式会社ファーストリテイリング 代表取締役会長兼社長

 

日本における女性のリーダーシップへの次なるステップ
安倍首相が打ち出したウーマノミクスの進展について官民の専門家が評価し、日本の経済と社会において女性リーダーが更に活躍するため、どのように障害を克服できるか具体的な提言をします。更に、日米の企業、政府、NPOのリーダーの協力のもと、2015年8月に国会を通過したウーマノミクスの法案に企業がどのように取組むべきかについても検討します。

パネリスト:

  • モデレーター:マルゴ・キャリントン氏 在日米国大使館 広報・文化交流担当公使
  • 川島 高之氏 NPO法人ファザーリング・ジャパン 理事、三井物産ロジスティクス・パートナーズ株式会社 代表取締役社長
  • 大河原 愛子氏 株式会社ジェーシー・コムサ 代表取締役会長
  • 大塚 幸寛 内閣府 大臣官房審議官(男女共同参画局担当)
  • ケリー・R・ウェルシュ氏 米国商務省 法務顧問

 

21世紀におけるフィランソロピー
9/11のテロ攻撃と東日本大震災は、フィランソロピーの役割に変革をもたらしました。このような破壊的な危機によりフィラ
ンソロピーへの取り組みがいかに変化したかを討議します。日米のスピーカーがフィランソロピーの様々なモデルについて
語り、資金提供者とNPO双方の視点からこの問題を展望します。更に、ここ数年で生まれたイノベーションの影響とフィラ
ンソロピーの将来に関する考えについても討議します。

パネリスト:

  • モデレーター: トッド・ガイルド氏 マッキンゼー・アンド・カンパニー 名誉役員兼シニアアドバイザー
  • アンディ・アンダーソン氏 テイラー・アンダーソン記念基金 共同会長
  • 茶野 順子氏 笹川平和財団常務理事、笹川平和財団米国理事長
  • 長谷川 閑史氏 武田薬品工業株式会社 取締役会長
  • ティム・ラティモア氏 バンク・オブ・アメリカ・グループ 在日代表

 

文化を通じた外交による日米関係の強化
スポーツ、美術、映画で活躍する著名人が、日米関係の強化に貢献してきた文化的なリーダーの役割について討議します。パネリストは、自身の業績により自らが日米の架け橋となり、美術やスポーツを通じて様々な人やコミュニティーをつないできた経験を語ります。また、これまでにない方法で自己の能力を日米関係進展のために役立てることの素晴らしさを共有します。

パネリスト:

  • モデレーター: スーザン・H・ルース氏 ジオデシック・キャピタル 最高総務責任者
  • 奈良橋 陽子氏 (株)ユナイテッド・パフォーマーズ・スタジオ 代表プロデューサー、演出家、キャスティングディレクター、作詞家
  • 西山 誠慈氏 WSJ日本版編集長
  • 千住 博氏 画家
  • 田口 壮氏 野球解説者

 

日本のスタートアップ文化についての集中プログラム(渋谷)
「ITクリエイターのためのイノベーション・ハブ」と自負する渋谷のTech Lab Paakを訪問するオフサイト・プログラムです。ビジネスの様々な立ち上げ段階にある日本人起業家が、自らの経験をもとに日本のスタートアップ文化における課題や成功の秘訣について語り、アメリカが日本のスタートアップ企業とつながる機会について紹介します。また、日本のスタートアップ企業をユニークな方法で支援するBlueHubインキュベーション・プログラムについて、IBMが紹介します。

 

狂言
今回ご覧いただく狂言とは、神様に五穀豊穣を願う、650年前から続く日本の芸能です。その中の一つ「三番三」は天下泰平(てんかたいへい)を祈る儀礼曲で、面(おもて)をつけ、音に乗って華やかに舞い、祈ります。二つ目にご覧いただくのは、「梟」(ふくろう)です。弟がおかしな病気にかかってしまい、兄が治癒のために山伏の元へ訪れます。病気は治るのでしょうか。日本の伝統芸能「狂言」をお楽しみください。

出演:

  • 茂山 良暢氏 忠三郎狂言会 代表

 

ネットワーキングと情報交換
39階で様々なネットワーキングや情報交換を行います。これは、過去のカンファレンス参加者の要望をもとにした、これまでにない機会です。美しい渋谷の景色を楽しみながら、会話や気軽な交流を通じて、ビジネスや投資などの機会について話し合うことができます。

 

「テイスト・オブ・東京」ディナー
世界中の食が集まる美食都市でしか味わえないユニークな食体験を存分に楽しみませんか。11月10日(火)午後7時より、8~15名のグループに分かれ、東京都内の複数の会場で「テイスト・オブ・東京」ディナーを開催します。テーブルを囲み、食事を共にすることで、米日カウンシルのメンバーや他のカンファレンス参加者との交流や友好がいっそう深まることでしょう。詳細や登録法方はこちらでご確認下さい。

 

 

本イベントは、撮影、録画、録音され、メディアによって取材されます。本イベントへの出席をもって、写真、画像、映像、録音、または引用された言葉が米日カウンシルのウェブサイトやプレスリリース、広報資料、ソーシャルメディア等に無報酬にて使用されることをあらかじめご了承下さい。さらに、前述の使用に関連し、解説文やキャプションにて個人の氏名や身元が開示される可能性もございます。また、すべてのネガ、ポジ、印刷物、映像、録音、デジタル再生の所有権は、米日カウンシルに帰属します。

 

ニュースレターへ登録 | 米日カウンシルへの支援 | アクセス・お問い合わせ