訪日プログラムに意欲:日米関係の貢献に期待

日系人リーダー11人

「日系人リーダー招へいプログラム」に参加し、3月に訪日する代表団のメンバー11人が、全米からロサンゼルスに集結し、2日から2日間のオリエンテーションで日本に対する知識を深めた。メンバーは4日、日米文化会館で開かれた「JBA(南カリフォルニア日系企業協会)」と「米日カウンシル」共催の歓送会に招かれ激励を受け、日米両国の相互理解と関係増進に意欲を示した。

 プログラムは毎春、外務省が主催し、2000年の第1回目から参加する「米日カウンシル」の会長アイリーン・ヒラノさんが、今回も団長を務める。ヒラノ団長によると、プログラムは今年で17回目を迎え、参加者の総数は「197人に増え、日系人リーダーのネットワークが全米にさらに広まった」と喜ぶ。

Rafu Shimpoによる本記事の続きはこちらでご覧ください。

ニュースレターへ登録 | 米日カウンシルへの支援 | アクセス・お問い合わせ